熊田昭彦のPARTNERSは詐欺商材なのか?判断基準は??

「もしもこの商材が詐欺だったら….」

そう思って、挑戦したいと思っている副業に、躊躇している人は多いのではないでしょうか。

どんな副業でも、挑戦してみなければ本当に稼げるのかは分からないのも事実です。

そのため今回は、「詐欺かもしれない」という事を念頭に置いて熊田昭彦のPARTNERSという副業を見ていきたいと思います。

熊田昭彦のPARTNERSは詐欺案件?まずは過去のデータを運営会社にもらう

もしも稼げなかったときには、まず運用実績を見せてもらいましょう。

例えば、過去の実績が平均90%の勝率を有しているにも関わらず、実際に自分がモニターをやっている時の勝率は、30%程度だった。

こんなケースは、過去のデータが偽りであった可能性もあるでしょう。

その際には、自分のデータの母数も重要になってきます。

投資は、数百・数千という取引回数でトータル勝率を上げるのが基本です。

そのため、数十回程度の取引で勝率を断定してしまうのは間違っています。

また、勝率が思ったよりも低かった場合には、運営会社にその理由を聞いても良いでしょう。

運営会社は、取引ロジックを把握しているでしょうから、
「今の市場では、〇〇という想定外の事が起こっている」
などのように、きちんと原因を把握してるはずです。

熊田昭彦のPARTNERSが詐欺?と思ったら自分の設定などを見直す

システムを利用した取引に多い失敗として、
「設定値の間違い」
があります。

例えば、

  • 損切をいくら位まで受け入れるのか
  • 総資産の何%くらいの枚数を取引するのか
  • など、いくつかの設定をするケースが多いです。

    例えば、10万円の投資で10万円ギリギリまで一回の取引で使ってしまうと、買い増しもできなければ、一回の失敗で資産の数割がなくなる・・・なんて危険性も出てきます。

    この設定が間違っていると、当然稼げません。

    そういったポイントをチェックするのも重要でしょう。

    熊田昭彦のPARTNERSは詐欺?と思ったら記録をつける

    人間は、意外と記憶が曖昧です。

    そのため、実は利益が出ているのに、きちんと計算していないから、負けの方が目立つ・・・というケースもあります。

    なので

    • 取引時間帯
    • 主要統計
    • 要人発言
    • 日付、月

    などを記録してみましょう。

    その上で、負けやすい時期を避けるのは重要です。

    FXなどの取引にも「アノマリー」と言われる、「明確な根拠はないけど毎年こういう傾向がある」といった状況があります。

    たまたまそういったアノマリーが悪い方向に出てしまっている可能性もありますので、一度自分の取引情報を正確に記録してみるのも良いでしょう。

     
    熊田昭彦のPARTNERSについての基本的な情報は下記のリンクから見れます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です